上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この週末、年に一度の正指導員検定会が行われました。
私も昨年のリベンジをするべく、岐阜県の朴の木平スキー場にて受験しました。

前日は夜から雨が降りどうなる事かと思いましたが、当日は天気も回復し、まずまず良いコンディションで検定が進みました。
私は昨年度取得出来なかったB単位の受験のため、大回り、小回りのみの受験のため、集中して練習を行いました。

初日の大回り、2日目の小回り共に、緊張の中自分としては昨年と同じ失敗をしないよう演技したつもりです。
滑り終わった直後は共に実感がわきませんでしたが、滑り終わった後のビデオを見ると、自分が心がけたことはできたように思います。

そして最終日の本日、結果発表があり、結果としては昨年度と同じく、小回りは合格点が出ましたが、大回りが取得できませんでした。。。
ビデオをある方に見てもらったところ、悪い滑りではないが、要素を見せるといった意味では今一歩の滑りだと、ご指摘いただきました。
ちなみに第4会場である朴の木平の合格率は61名/115名(53%)、私と同じ単位受験者は14名/24名(58%)でした。

1年間、自分なりに研鑚を積んだつもりでしたが、非常に厳しい結果になりました。
ただ、結局誰もが納得できる滑りができなかった、自分の実力不足と言わなくてはしょうがないです。

家族を始め、周りの人にもいろいろ無理を言って手伝ってもらいながらの受験でした。
気にかけていただいたり、サポートしていただいた方々に、本当に感謝しています。

まだまだ冬のシーズンは続きます。
正直少しへこみましたが、くよくよしている時間はありません。明日からはまた心を入れ替えて、さらに精進を重ねて、誰もが納得のいく滑りができるようになりたいと思います





スポンサーサイト

【2011/02/20 22:51】 | スキー
トラックバック(0) |

管理人のみ閲覧できます
-


Re: Re:正指導員検定会
hiropop
コメントありがとうございます。
本当に自分のどこがいけなかったのか分からないのが、検定のつらいところですね。

そこで言われたのが、後半ターンを引っ張りすぎたことと、切り替え時に外の手が上がっているところで、外腰が外に向いて外足主導の動きに見・え・る(カウンターローテーション?)。。。と指摘されました。

自分としてはとにかく下半身の動きに注意して、内足主導で谷回りを意識したターン孤も作れたと思っていたので、上半身?そう見える?そこですか???と愕然としました。
また、言われりゃすぐその場でやれるのに(直せるのに!)とゆう思いで泣きうそうでした。

ただ、上半身の動き(ストック等)は2級のころから苦手だった部分もあるので、とにかくもう一回組みなおして頑張るしかないですね。

納得のいかないことはみんな多々あると思いますが、結果は結果で受け止めましょう。せっかく頑張ってきたのですから単位の持ち越せる間はがんばりますよ!!(SAJの策略にはまりそうです・・・。)


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/03/02(Wed) 09:23 |   |  #[ 編集]
Re: Re:正指導員検定会
コメントありがとうございます。
本当に自分のどこがいけなかったのか分からないのが、検定のつらいところですね。

そこで言われたのが、後半ターンを引っ張りすぎたことと、切り替え時に外の手が上がっているところで、外腰が外に向いて外足主導の動きに見・え・る(カウンターローテーション?)。。。と指摘されました。

自分としてはとにかく下半身の動きに注意して、内足主導で谷回りを意識したターン孤も作れたと思っていたので、上半身?そう見える?そこですか???と愕然としました。
また、言われりゃすぐその場でやれるのに(直せるのに!)とゆう思いで泣きうそうでした。

ただ、上半身の動き(ストック等)は2級のころから苦手だった部分もあるので、とにかくもう一回組みなおして頑張るしかないですね。

納得のいかないことはみんな多々あると思いますが、結果は結果で受け止めましょう。せっかく頑張ってきたのですから単位の持ち越せる間はがんばりますよ!!(SAJの策略にはまりそうです・・・。)
2011/03/04(Fri) 11:01 | URL  | hiropop #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 


トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。