FC2ブログ
2008年08月24日 (日) | 編集 |
8月も後半に入り、都会は暑かった夏も少し落ち着いて来たでしょうか?
この数日天候が崩れた事もあり、山は非常に寒かったです!
朝はとうとう薪ストーブをつけてしまいました(^^)

山のお花も真夏のお花から秋のお花に変わりつつあり、マツムシソウやワレモコウなどがにぎやかになってきました。
ススキの穂も立ち始め、いよいよ秋が近づいてくるのを実感しています。


標高1500m以上の山は気温で都会と比べて10度近く低くなります。
お天気の良し悪しでもかなり気温は変わるので、くれぐれも寒さ対策の長袖はお忘れなく(^^)!

スポンサーサイト
2008年08月05日 (火) | 編集 |
お客様からよく聞かれることの一つに、今の時期、山ではどんな服装で行ったらいいのかな?
とゆうのがあります。

もちろん都会は毎日猛暑日が続いているようですので、いくら山が涼しいと言われても
想像がつかないのだと思います。
確かに日中日差しの当たるところではかなり気温も上がり、ハイキングから帰っていらっしゃったお客様の中には、日焼けで真っ赤になってしまうお客様もおられます。

ただ、暑いのはあくまで日の当たるところです。
都会〈里)との違いを明らかに感じて頂けるのは、湿気の少なさです。
山は本当に湿気が少ないです。日差しの下では太陽が近いためか暑いし疲れますが、
木陰に入ったとたんに気温がぐんと下がります。おまけに風まで吹いてくれれば
本当にさわやかです。
また、日が沈んでくると徐々に気温も下がり、明け方には肌寒いくらいです。

そこでお薦めするのが、薄い長袖シャツをお持ちいただくことです。
それがあれば強い日差しの時の日焼け予防にもなりますし、肌寒ければ羽織る事も出来ます。
ハイキングをされるのでしたら、バンダナやタオルをお持ちいただいて首筋の日焼け予防もお薦めですね。

山は今から一番たくさんの種類のお花が楽しめる時期になってきます。
家の周りでもアカバナシモツケやギボウシ、フシグロセンノウといった夏お花がシーズンのピークを向かえ、今から徐々に秋のお花が増えてたくさんのお花たちの競演が楽しめます。
標高差や山の向きでも咲いてるお花が少しずつ違うのが面白いですね。

ぜひ野山に出て季節の移り変わりをお楽しみ下さい。(^^)